退職代行は恥ずかしい?サービスをすすめる理由を紹介!

退職代行は仕事を辞めたくても辞められない人にとって、ありがたいサービス。

代行会社によっては有給消化や、残業際の請求なども対応してくれるので、ブラックな職場で苦しんでいる人には心強い存在でしょう。

しかし利用しても良いのか、不安を感じている人も居るのではないでしょうか。

退職の意思を伝え、必要な引き継ぎ・手続きを行い、挨拶回りをして辞める。

それが本来の退職の流れであり、それができない人に対して否定的な意見も存在します。

「自分で退職できない奴が、新しい仕事についても上手くいくはずない」

「退職代行を利用するなんて、職場にとって迷惑」

「退職を人任せにするような恥ずかしい人間なんて、どこに行っても役に立たない」

そのような声を聞くと、利用をためらってしまう人も居るでしょう。

今回は退職代行の利用は「恥ずかしいこと」なのか、利用しても良いのかを解説します。

\今すぐ退職したい方は男の退職代行がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

「男の退職代行」は20代・30代男性に最も支持されている退職代行!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています

退職代行の世間のイメージは?

退職代行について、世間一般にはどのようなイメージを持たれているのでしょうか?

SNS上に見られる退職代行の利用に関する意見を調べてみました。

退職代行を肯定する意見

https://twitter.com/jack_toarume/status/1291628959600271360

退職代行を肯定する意見を発信しているのは、辞めたくても辞められない状態にある人が目立ちます。

職業選択の自由があるにもかかわらず、会社が退職を認めてくれない。

職務への責任から、辞めると言い出せない。

でも疲労もストレスも溜まり、心身は悲鳴を上げている。

そのような立場の人が見受けられます。

辞められないまま無理を続け、健康を損なってしまうと、治療に何年もの時間を要する場合もあるでしょう。

どうしても退職できない状態に陥っている人は、退職代行の利用も必要な選択です。

退職代行を批判する意見

https://twitter.com/shima_create/status/1289765445847805953

一方、退職代行を批判する意見を発信しているのは、同僚や先輩後輩などが退職代行を利用した立場の人が多いようです。

確かに突然、退職代行を利用して辞められると、業務上の負担が増える場合もあるでしょう。

「なぜ?」という疑問も生まれ、怒りや憤りを感じるのも、もっともなことです。

しかし辞めた人は、そのような方法でしか退職できないほど、追い込まれていたのかもしれません。

人員が減り、業務負担が増えたとしても、それは会社側が解決すべき問題であり、辞めた人の責任ではないのです。

退職代行を利用した人を責めるより、会社側に問題がなかったか、職場環境に改善すべき点がないかを考える方が建設的と言えるでしょう。

退職代行を批判する人も居るが、恥じる必要はない

退職代行については手厳しい意見を持っている人も存在しますが、恥じる必要はありません。

確かに職場と話し合いのうえで退職日を決め、引き継ぎや挨拶回りをしてから退職するのが理想です。

しかし、そのように退職の話を進められない人が居るから、退職代行がサービスとして存在しています。

本当に責められるべきは、辞めたくなるような職場を作っている会社側なのです。

そして退職の意思を示している人を、強引に引き止めるのは、法律上問題でもあります。

労働者に対して非常識な扱いをし、退職代行を利用するしかない状態にまで追い込んでいる会社側こそ、恥じるべきでしょう。

退職代行は恥ずかしいことではない理由

退職代行の利用は、恥ずかしいことではありません。

その理由を3つ説明します。

  • 退職代行を使わざるを得ない会社側が問題の根源
  • できないこと・苦手なことを依頼するのは社会の基本
  • 新しいサービスは批判されやすい

退職代行を使わざるを得ない会社側が問題の根源

退職代行を利用する人の多くは、辞めたくても辞められない状態になっています。

退職を言い出そうにも、上司が取り合ってくれそうにない。
辞めると言ったら、強引な引き留めに遭ってしまった。
自分が辞めたらみんなに迷惑がかかってしまう。

これらはすべて、退職する人の責任ではありません。

退職願を受け付けない、過度に引き留めるといった行為は、法律的にも問題があります。

人手不足な職場の状況を心配して「自分が我慢すれば…」と、心優しい人は思ってしまうでしょう。

しかしそれでは、会社からいいように使われてしまうだけです。

人手不足は会社が解決すべき問題であり、個人が耐え忍んでどうにかする問題ではありません。

労働者の権利を守り、働きやすい職場を用意できない会社側が問題の根源なのです。

できないこと・苦手なことを依頼するのは社会の基本

例えば髪を切りたいとき、自分で切れば費用はかかりませんが、多くの人は理髪店や美容室を利用するでしょう。

旅行する際、自分で交通手段や宿の予約を取り、旅のスケジュールを組むこともできますが、旅行代理店を利用すればお得なパックツアーが利用できます。

自社のホームページ制作・運営を社内の部署ではなく、外注先に任せているケースも珍しくありません。

このように自分でできないこと・苦手なことに対して、お金を払って解決している例は、世の中にはたくさん存在します。

「自分で髪を切れないなんて、非常識だ」
「旅行の計画や手配ができない人は恥ずかしい」
「自社ホームページを作れない企業は三流だ」

そんなことを言う人が居るでしょうか?

得意な人や専門知識・技術を持った人に、お金を払って依頼するのは、社会の仕組みでもあります。

自力での退職が難しい人は、退職代行に依頼するのも、有効な手段です。

新しいサービスは批判されやすい

新しく登場したサービスは、注目を集めやすいものです。

同時に馴染みがないため、批判されやすくもあります。

信用できるのか、違法性はないのかといった不安から、批判する人は少なくありません。

確かに退職代行の中には、利用者が望む退職ができないような問題のある代行会社も存在します。

法律に触れるようなやり方をしている退職代行を利用すると、トラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

しかし退職実績豊富で、違法性もない退職代行を見極めて利用すれば、そのような心配はありません。

一部に批判されているからといって、自分にとって必要な選択肢を捨ててしまわないようにしましょう。

退職代行を利用するのは恥ずかしいという意見は気にしなくて良い

良いイメージを持っていない人も多い退職代行ですが、「利用するのは恥ずかしい」という意見を気にする必要はありません。

「退職代行の利用は恥ずかしい」と言っている人の意見に従って無理に仕事を続け、体調を崩してしまったら、その人が責任を取ってくれるのでしょうか?

自分にとって何が必要なのかを考え、決定を下すのは自分自身なのです。

一部の人の意見に振り回され、大切なことを見失わないようにしましょう。

まとめ:退職代行が必要な人は利用しよう

自分ができないこと・苦手なことを誰かに頼むのは、恥ずかしいことではありません。

退職できない状態になっているのなら、信頼できる退職代行を利用し、働きやすい場所に移るという選択も必要です。

一部の人の偏った意見に左右されず、退職代行が必要と感じたら利用しましょう。

その際、不要なトラブルに巻き込まれないよう、違法性のない・実績豊富な退職代行を選ぶことが重要です。

\今すぐ退職したい方は男の退職代行がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

「男の退職代行」は20代・30代男性に最も支持されている退職代行!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています

※おすすめ記事

退職代行サービスおすすめ10選!口コミ評判・体験談や料金・サービス内容を徹底比較!

【最大28ヶ月】退職コンシェルジュの失業保険給付金サポートの口コミ・料金を紹介!