退職代行は迷惑?非常識?使われた会社側のその後と反応まとめ【2020最新】

即日会社に行かずに辞められると評判の退職代行サービスですが、「退職代行で辞めると会社に迷惑がかかるのでは?」「世間的に非常識なのでは?」と利用することを悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、退職代行の社会的評判を実際の体験談を中心に調べてみました。

また少しでも迷惑をかけない、引継ぎの方法ついても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\今すぐ退職したい方は『男の退職代行』がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

男の退職代行は20代・30代の男性に支持されている退職代行会社です!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています。

退職代行は迷惑?非常識?社会からの評価は?

早速ですが、Twitterから退職代行に関する意見をピックアップしたので、紹介していきます。

それにしてもSNS上で退職代行と調べるとものすごい数がヒットします。
かなりメジャーに、一般的になってきている証拠でしょうか。

・退職代行は非常識・迷惑という意見

https://twitter.com/nonchel_fx/status/1244790511057043456

やはり退職代行は非常識だし、迷惑がかかるので無責任だという意見が多く見られました。

今後どうなるかはわかりませんが、現時点では、従来のやり方を大きく異なるわけで、非常識と感じる人が多いのも無理ないのではないでしょうか。

ただそれぞれ事情がありますし、当事者にしかわからないことも多いですので、気にしすぎる必要もないかもしれません。

・退職代行は迷惑・非常識ではない意見

一方で、退職代行を肯定している意見もそれなりに見られます。

ブラック企業で自殺者がでるような時代ですから、退職代行を使われるような会社側に問題があるという意見も多かったです。

極端な意見として、バックレられるより、連絡があるだけマシというのもありました。

退職代行を使いたくなるくらいつらい思いをしている方も多く、同情的な肯定的な意見も多くあることも間違いないです。

・社会からの評価や意見:第三者目線

まだ、退職代行自体があまり身近ではないので、ブラック企業であれば仕方ないのではという反応が多い気がしました。

実際に、同僚や部下が退職代行で辞めた場合には、やはり迷惑と感じる方も多いかもしれませんね。

いずれにせよ、あまり現実味を感じていない意見も多いように思えました。

身近なところで、退職代行を使う人がいるとまた意見が変わってくるかもしれません。

退職代行を使われた会社側の反応とその後

今度は退職代行を実際に使われた会社側の方の反応をピックアップしてみました。

正直あまり見つからないかなと思ったのですが、結構な数見つかりましたので、世の中的にはかなり退職代行のサービスの利用が増えているのだと思います。

基本的には驚いたという反応が多いようです。身近なサービスでないこともありますが、会社側では辞める気配を察していないことも多いようです。

取引先に転職したという強者もいるようですが、多くの人は会社側とは連絡を取らず辞めていき、どこにいったかわからなくなるようです。

退職代行を使われた方としてはどうしても良い印象は残らないようですが、ある程度は仕方ないと覚悟する必要があるでしょう。

退職代行を利用するときに会社に迷惑をかけない3つの方法!

1,退職届と共に自筆の手紙を郵送する。

退職代行を使われた、会社側の人事や上司、同僚としては、辞めるのは仕方ないけど、一度話を聞きたいと思うものです。

そこで、退職代行を通じて辞めることを伝えつつ、退職届にプラスして、自筆の手紙でメッセージを残すと会社側の反応も変わってきます。

感謝と謝罪、自分の気持ちを少しでも書いておくと、大きく印象が変わると思います。

もちろん本音で書くのが一番ですが、綺麗に辞めたいと思う方は少し本音を封じ込めてでも、相手の印象がよくなるような手紙を書くのもありだとは思います。

2,引き継ぎに関するメモなどを残す。

通常の手順で辞める際には、引き継ぎの期間を設けたり、引き継ぎ書を作成したりすると思いますが、退職代行で即日辞めるケースでは、引き継ぎが出来ないため、会社側としては迷惑に感じることが多いです。

引き継ぎは大変ですので、少しでも足元で対応しなければいけない案件等のメモを残しておくだけでも、同僚の気持ち的には大きく違うと思います。

その仕事をしていた自分が一番どのような情報が必要なのかわかるでしょうから、気持ちに余裕があれば、出来る限り丁寧な引継ぎ書を作成するのもありだと思います。

3,身辺整理をしてから退職する。

退職代行を使う場合、即日退職を希望し、会社に行かずに退職となるケースがほとんどです。その際に、自分のデスク周りが全く整理されていなかったら残された同僚は迷惑に感じるでしょう。

それを片付けるのは、同僚であったり、部下であったりするわけですから、その負担を少しでも減らせるように、資料等の整理整頓を進めておきましょう。

また、退職代行を利用して出社せずに辞める場合には、会社からの提供されているものはすべて返却する必要があります。

これは会社側の印象としていいかは微妙ですが、貸与されているPCや携帯電話、社員証、セキュリティーカード、制服等をデスクやロッカーに置いていくと後日郵送で返却する必要がなくなり、会社側としても本人側としてもスムーズに退職に向かうことができます。

会社に迷惑をかけない引き継ぎの方法!

会社や後任者の有無にもよりますが、通常退職する場合には、自分の仕事を後任の担当者に引き継いでから辞めることになります。

資料の場所や、作業手順、取引先への紹介等、やれる範囲で行うのが普通です。また、引き継ぎ書のテンプレートが存在し、作成を求められる会社もあります。

引き継ぎ書には、マニュアル的なことから、現在の案件の進捗状況等を記載していきます。

私も経験がありますが、引き継ぎする側にとっては、次の仕事に意識が行きがちで、教える内容が不十分なものとなってしまうことも多くあります。

実際に、通常の退職や異動であったとしても引き継ぎ内容に対する不満は大きいという調査もあります。

退職代行で出来るだけ会社側に迷惑をかけない方法としては、マストで書類(引き継ぎ書)を作成することがあげられます。

出来るだけ具体的に、細かく記載し、可能であれば自分が実施していた、コツのようなものも記載できるとより後任に喜ばれるはずです。

例えば、あの会社のあの担当者はクセが強いので、こんな話もするのはNGとか、この案件でわからないことがあった時は誰々に聞くと解決できるなど、

オーソドックスなやり方以外でも伝授してあげると後任にはよろこばれると思います。

本当は、引継ぎは時間をかけて行うのがベストですが、退職代行で辞める時にはそういうわけにはいきません。

もちろん事情があって退職代行で辞めるわけですから、それ自体はどうしようもないので、引き継ぎ書を丁寧につくる等、残された会社側がどう思うかを少しでも考えて対応できると良いと思います。

まとめ

退職代行はまだまだ世間的には、一般的なサービスとは言えませんし、残された同僚や部下に少なからず負担がかかる場合も多いです。

とはいえ、退職代行を使いたいくらい追い詰められている場合には、利用することを肯定的に捉えてくれる人も確実に増えてきています。

ただし、思わぬところでトラブルに巻き込まれない為にも、この記事を参考にして、退職代行を使う側も社会人としてのマナーと配慮を忘れずに対応するようにしましょう。

即日退職したい方におススメの退職代行サービス!

\今すぐ退職したい方は『男の退職代行』がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

男の退職代行は20代・30代の男性に支持されている退職代行会社です!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています。

※おすすめ記事

退職代行サービスおすすめ10選!口コミ評判・体験談や料金・サービス内容を徹底比較!

【最大28ヶ月】退職コンシェルジュの失業保険給付金サポートの口コミ・料金を紹介!