適応障害でも退職代行の利用は可能!スムーズに会社を辞める方法を解説!【2020最新】

「毎日出勤時間になると憂鬱になり、遅刻してしまう。」

「特定の上司の前に出ると動悸がして、受け答えが正常にできない。」

「休みの日以外は毎日、頭痛に悩まされている。」

このような症状を感じている場合、仕事上のストレスが原因で「適応障害」になっている可能性があります。

適応障害はストレスが原因となり、心身の不調が発生する精神疾患の一つ。

原因を特定して取り除けば、不調は解消され、以前と同じように日常生活・社会生活を送れるようになります。

仕事が原因であった場合、退職も選択肢となるでしょう。

今回は「適応障害」になった場合の退職代行利用や、その後の生活・転職活動について解説します。

\今すぐ退職したい方は『男の退職代行』がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

「男の退職代行」は20代・30代男性に最も支持されている退職代行!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています

適応障害について

「適応障害」とは、精神疾患の一つ。

うつ病などと混同されがちですが、適応障害は原因となるストレス要因が明確であり、要因を取り除けば回復します。

もし適応障害が疑われるなら、早めに発見し、治療したいですね。

ちなみにうつ病もストレスが原因となりますが、要因の特定が困難であり、治療も難しくなります。

仕事上のストレス以外にも、子供の頃の生活環境や過去の失敗・挫折といったトラウマ、私生活での人間関係など、様々な要因から発症するため、要因の特定できません。

適応障害により発生する症状

主な症状としては、精神的なものと身体的なものが存在します。

精神的なものとしては、怒りや焦りなどを感じての情緒不安定や、憂鬱で気持ちが塞ぐ状態が続くなどがあります。

判断力も低下し、以前のように働けなくなってしまうと、不安を解消するために暴飲暴食やアルコールに走ってしまうことも。

そこから依存症に発展する可能性もあり、不安や焦りなど誰にでもあるからといって見過ごしてしまうと、治療が困難な状態になってしまいます。

身体的な症状としては、頭痛や腹痛などの体の痛み、食欲不振や吐き気、疲労感・倦怠感などがあります。

こちらも一時的な体調不良として見過ごしてしまいがちですが、特定の事柄に接している時に発生するようであれば、適応障害を疑いましょう。

適応障害の症状は、よくある心身の不調として見落としやすいものが多いのですが、症状が悪化すると日常生活にも影響します。

遅刻や欠勤にも繋がり、自己嫌悪や自信喪失状態に陥って、うつ病や依存症などさらなる精神疾患の発症を引き起こす可能性もあります。

事実、適応障害の診断が出た人の約4割が、5年後にはうつ病の診断が出ている、というデータもあるのです。

疲れやストレスによる不調は、誰にでもあるからといって放っておくと、著しく健康を損ない回復に何年もかかるような状態になるので注意しましょう。

適応障害でも診断書があれば仕事を辞めることができる

仕事が原因で適応障害になってしまった場合、精神的不安などから判断力も低下しています。

正常な判断ができない状態であるため、いったん休職して治療に専念し、原因の特定をおすすめします。

理解ある職場であれば、労働者のストレスを取り除き、復職できるよう配慮してくれるものです。

しかし規模の小さな会社であれば配置換えなどができず、ストレス原因を遮断することが難しいでしょう。

また適応障害そのものに理解がなく、「甘えだ、サボりだ」として休職を認めてくれないこともあります。

そのような場合は、退職を考えることになるでしょう。

適応障害が会社に理解されなくとも、医師の診断書があれば認めてもらえます。

診断書には、会社と労働者の健全な労使関係を守らせる効力があるのです。

診断書の作成は、受診した当日できる場合もあれば、後日になる場合もあります。
適応障害の診断を受け、休職・退職を選択する場合、早めに診断書を用意しておきましょう。

適応障害でも仕事が辞められない時は退職代行を利用することができる!

診断書を提示したうえで退職の意思を伝えれば、普通の会社は退職を認めてくれます。

しかし労働者の健康状態を顧みない、ブラック企業であった場合は病気であっても退職を認めないケースも存在します。

そのような会社に無理をしてとどまる必要はありません。

適応障害が改善されずに症状が悪化し、うつ病などさらなる精神疾患を発症してしまうと、治療が困難になり、生活に影響が出る状態が何年も続いてしまうのです。

適応障害の原因になっていた仕事から素早く離れるには、退職代行の利用も検討しましょう。

退職代行では、本人に代わって退職手続きを進めてくれるので、会社と面倒なやり取りをする必要がありません。

強引な引き留めや、心無い言葉で傷つく心配もなく、最短即日での退職も可能。

代行会社によっては、退職後のサポートや心理カウンセリングなどのサービスも用意しています。

また弁護士が代行する退職代行であれば、これまでの残業代請求や、嫌がらせを受けていた相手への訴訟などの相談にも乗ってもらえます。

代行費用はもちろん、自分に必要なサービスを提供している退職代行を選びましょう。

※あわせて読みたい

退職代行の失敗しない業者選びのポイント!

退職代行サービスおすすめ10選!口コミ評判・体験談や料金・サービス内容を徹底比較!

適応障害の方が休職・退職するまでの流れ

会社の休職制度を確認する

まずは雇用契約や就業規則などを確認し、休職制度が設けられているか確認しましょう。

休職制度がない会社も存在するので、その場合は退職も選択肢となります。

休職できる場合、その条件や期間、手続き方法を確認しましょう。

医師からの診断を受ける

適応障害など病気を理由に休職するなら、診断書の提出が必要な場合が多いです。

休職や退職が必要であるかどうかの判断も必要なので、あらかじめ専門医の受診をしておくといいでしょう。

診断書を添えて休職・退職を職場に申し出る

直属の上司や人事担当者に、休職または退職の意思を伝えます。

この時、診断書を持って行くのを忘れないようにしましょう。

ただし適応障害の症状が重く、直接申し出ることが困難であれば、電話やメール・郵送で伝えても構いません。

職場が適応障害について理解がなく、話がこじれる恐れがあれば、退職代行の利用も有効です。

適応障害で休職・退職後の復帰のポイント

適応障害から休職・退職した場合、復職や再就職するにはどのようなことが必要でしょうか。

ストレスとなるものを遮断し、原因を特定する

仕事にストレスを感じていた場合、仕事上のどの要素がストレスの原因であったのか確認が必要です。

適応障害の場合、ストレスを取り除いた後、6か月以上症状は続かないとされています。

要因を特定し、再び適応障害とならないよう、ストレス要因を遠ざけられるようにしましょう。

職場の人間関係や業務内容が合わないなら、人事に相談して配置換えすると解消される可能性があります。

しかし小規模な会社であれば、配置換えが難しいことも多く、転職が必要になるでしょう。

相談やカウンセリングを受ける

客観的な意見をもらうことで、何が原因であるのか見極めやすくなります。

信頼できる家族や友人への相談もいいですが、公的な相談窓口の利用や、心療内科を受診してカウンセリングを受けるのも効果的です。

一人で思い悩んでいると原因が特定できず、回復に向かえません。
症状が悪化し、うつ病などさらに重い精神疾患につながる恐れもあります。

復職・転職後も、再発しないかどうか確認するために、定期的な専門医受診やカウンセリングをおすすめします。

投薬療法を行う

適応障害の根本治療にはなりませんが、頭痛や肩こり、不眠といった、身体的苦痛を和らげることで、精神的にも落ち着き、ストレス要因と向き合いやすくなります。

薬に頼りすぎてしまうのも問題ですが、専門医に相談のうえ適切に利用すれば、回復に繋がるしょう。

適応障害に関する質問

Q:適応障害で退職する場合、直接上司や人事担当と会って話す必要がありますか?

A:礼儀として本人が直接伝えるべきという風潮はありますが、難しいようであれば電話やメールで伝えても構いません。

また退職代行を利用し、代わりに伝えてもらう方法もあります。

Q:適応障害で退職した場合、自己都合退職か会社都合退職かどちらになるでしょうか?

A:適応障害を理由に退職の決断をした場合は「自己都合退職」、休職していて復職できずに休職期限となり会社の規定で退職する場合は「会社都合退職」となります。

自己都合退職か会社都合退職かによって、退職後の失業給付条件が変わってくるので、注意が必要です。

Q:適応障害で退職しても、失業給付金はもらえますか?

A:勤めていた会社で雇用保険に加入していれば、失業給付金の受取は可能です。

離職票の他、疾病証明書を用意し、ハローワークで手続きしましょう。

また治療が長引くようであれば、失業給付の受給を延期し、傷病手当給付金を受けるという選択肢もあります。

傷病給付金の受け取り方はこちらのページで解説しています。

うつ病でも退職代行は使える!サービスを利用する方法を徹底解説!

Q:適応障害で退職しても、傷病手当給付金はもらえますか?

A:適応障害も傷病手当の対象となります。

ただし傷病手当給付金は、同じ病気・ケガを理由に何度も受給できません。

過去に適応障害を理由に傷病手当を受け取っていた場合は、受給できないので注意が必要です。

※あわせて読みたい

【最大28ヶ月】退職コンシェルジュの失業保険給付金サポートの口コミ・料金を紹介!

適応障害で退職することが決まったら転職エージェントに登録しておこう!

転職先が決まっても職場が合わず、再び適応障害となってしまう事態は避けたいですね。

そのためには、自分にとって負担のない仕事環境を見極め、条件に合う求人を見つける必要があるでしょう。

転職エージェントでは、業種や職種、給与面はもちろんのこと、残業時間や年間休日数、勤務時間や転勤の有無など、細かく条件を指定して求人情報を見ることができます。

また登録者のみ閲覧可能となる、非公開求人情報もあり、より良い条件で転職するチャンスにつながるでしょう。

採用試験・面接に挑む際も、エージェントのスタッフが間に入り、事前に確認しておきたい労働条件を聞いてくれることもあります。

自分の病気に向き合い、適応障害の原因となる要素のない仕事を見つけましょう。

※あわせて読みたい

おすすめ転職サイト・エージェントランキング13選!転職祝い金のダブル支給制度も解説!

適応障害で退職後の生活が心配な方は社会保険給付金制度を利用しよう!

適応障害で自己都合退職した場合、失業給付金が受給できます。

受給期間は、雇用保険の加入期間により変動しますが、30代であれば3か月から半年程度になることが多いでしょう。

すぐに回復し、再就職できれば問題ありませんが、これだけでは生活費や適応障害の通院費、保険や年金の支払いに不安を感じるのも当然です。

そんな場合、失業給付の受給を延期し、傷病手当給付を受給するという方法があります。

傷病手当給付金は、健康保険料から支払われる、社会保険給付金制度。

病気やけがなどで働けない状態にある人の生活を支える制度であり、最長1年6か月受給できます。

ただしこの制度を利用するには条件があり、退職前・退職後に行う申請手続きが難しく、知識のない状態で手続きすると受給できない場合があります。

手続きに不安のある人は、退職コンシェルジュによる受給サポートがおすすめです。

退職コンシェルジュでは、産業医や社労士と提携し、傷病手当給付が確実に受けられるよう徹底サポート。

受け取れる資格があるにもかかわらず、わずかな不備が原因で受給できなかったり、受給金額が減ってしまったりという心配がありません。

自分が給付を受ける条件に当てはまるかどうか、初めの相談は無料で受けられるので、退職後の生活に不安がある人は相談だけでも利用してみましょう。

※おすすめ記事

【最大28ヶ月】退職コンシェルジュの失業保険給付金サポートの口コミ・料金を紹介!

まとめ

大したことのない症状だからと、見逃してしまいがちな「適応障害」ですが、無理を続けると「うつ病」や「依存症」にも繋がりかねません。

治療が難しくなり、正常な状態に戻るまで何年もかかるような事態は避けたいですね。

長引く心身の不調を感じた時は、公的な相談窓口や専門医を受診し、早めに原因を特定するようにしましょう。

また「適応障害」の診断を受けた場合、早期治療が大切です。

仕事が原因であるなら、休職・退職を検討しましょう。

診断書を用意しておけば、会社側も無理に引き止めることはできません。

それでも休職・退職を認めてくれないような、非常識な会社である場合、退職代行の利用もオススメです。

そして退職を決めたなら、適応障害が再発しないよう、ストレス要素を取り除ける職場を探しましょう。

転職エージェントを利用すれば、希望条件に合う求人が見つけやすくなります。

適応障害により退職した場合、失業手当の他に傷病手当も受け取れる可能性があります。

手続きが難しいため、確実に受け取るなら退職コンシェルジュなどに、給付手続きのサポートを依頼しましょう。

\今すぐ退職したい方は『男の退職代行』がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

「男の退職代行」は20代・30代男性に最も支持されている退職代行!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています!

※おすすめ記事

退職代行サービスおすすめ10選!口コミ評判・体験談や料金・サービス内容を徹底比較!

【最大28ヶ月】退職コンシェルジュの失業保険給付金サポートの口コミ・料金を紹介!