うつ病でも退職代行は使える!サービスを利用する方法を徹底解説!【2020最新】

「毎日仕事に行くのが憂鬱で、不安が募る。」

「終わりの見えない業務量にうんざりしているが、残業や休日出勤が続いて休息が取れない。」

こんな状態に陥ってはいませんか?

実は職場でのストレスや疲労から、うつ病になってしまうケースは多いのです。

この記事ではうつ病でも退職代行は使える!サービスを利用する方法を徹底解説していきます。

\今すぐ退職したい方は『男の退職代行』がおススメ!/

公式:https://taishoku.to-next.jp/otoko/

「男の退職代行」は20代・30代男性に最も支持されている退職代行!

会社員なら29,800円で利用でき、退職完了まで追加費用はかかりません。

即日退社可能、成功率は100%、万が一失敗しても安心の返金保証もあり、転職サポートも充実しています

仕事が原因でうつ病になるケースとは?

そもそも「うつ病」とはどういった病気なのでしょうか。

「うつ」とは、気分が落ち込みやる気が出ない状態を指し、疲労やストレスなどで誰でも起こりうるものです。

本来であれば休息を取ったり、気分転換をすることで解消できるのですが、「うつ病」になってしまうと落ち込みが長期化し、普段の仕事や日常生活もままならなくなってしまいます。

睡眠障害や過食・拒食、耳鳴りや原因不明の体の痛みといった、肉体的な症状に発展することもあるのです。

もしも2週間以上、気持ちが塞いでやる気が出ない状態であったり、原因不明の体調不良を感じている場合は「うつ病」である可能性が考えられます。

うつ病の原因が仕事にあることも

  • 職場の人間関係にストレスを感じている
  • 仕事量が膨大であり重い責任が課せられている
  • 長時間労働が常態化し十分な休息が取れない

職場で上記の状態に当てはまっていませんか?

これらはすべて「うつ病」の原因となりえるものです。

業務上必要な「報告・連絡・相談」がしやすい、風通しの良い職場であれば仕事もやりやすいでしょう。

しかし職場でのいじめやハラスメントが起きていると、自分の仕事を適切に処理できず、働く意欲も削がれてしまいます。

嫌がらせの対象になっていなくても、そのような職場では居心地が悪く、出勤したくなくなってもおかしくありません。

また能力に見合わない、仕事量や責任を負わされていると、「自分にできるのだろうか?」と常に不安を感じるのではないでしょうか。

十分なサポートが受けられる職場であれば、成長の機会になりますが、こういった状態はブラック企業に多いのです。

上司や同僚に助けを求めても「こんなこともできないのか!」と叱責される場合もあり、さらなる不安にさらされます。

そして、十分な休息が取れない状態が続くのも問題です。

適度な休暇や、気分転換に趣味を楽しむ余裕がない状態が続いてしまうと、体力が回復しないだけでなく気持ちも落ち込んでしまいます。

居心地が悪く、常に不安を抱えた状態で、長時間労働・休日出勤が当たり前、といったブラック企業では「うつ病」になってしまい、退職する人も多いのです。

自分がうつ病ではないかと感じたら

仕事上のストレスや疲労から、うつ病になっている可能性がある場合、何をすればいいでしょうか。

  • 家族や信頼できる人に相談する
  • 心療内科などを受診する
  • 産業医に相談する
  • 人事に配置換えを相談する
  • 休職する

うつ病になっている場合、気持ちが落ち込み、ネガティブな考えにとらわれ、正常な判断ができない状態になっています。

家族や恋人、信頼できる友人などに相談し、今の自分の常態を客観的に見てもらいましょう。

他社から見てもおかしい状態であるならば、うつ病である可能性は高くなります。

心療内科や精神科などを受診し、専門的なアドバイスをもらうのも有効です。

安易な自己判断では、自分の抱える問題の本質が見極められず、効果的な対処ができません。

また産業医に相談するのも良いでしょう。

従業員50人以上の会社であれば、産業医を配置しています。

相談窓口を確認し、自分の悩み・不安や今置かれている状況を相談しましょう。

産業医に相談した内容が、知られたくない相手に伝わってしまう心配はありません。

産業医には守秘義務があり、職場の上司や人事などから情報開示を求められても、必ず本人に説明・同意を得ることになっています。

辛い症状が続いている原因が、職場の人間関係や仕事の内容によるものであれば、配置換えも有効です。

他部署に移る・業務内容を変えることで、症状が改善される場合もあるでしょう。

そして専門医・産業医からうつ病の診断が下りた場合、休職という選択肢もあります。

うつ病だからといって、すぐに退職を決める必要はありません。

うつ状態になると、判断力も鈍っています。

一度職場から離れて治療に専念し、気持ちを整理したうえで復職するか退職するかを決めた方が、後悔せずに済むでしょう。

うつ病でも円満に退職する3つのポイント

うつ病の診断が下り、会社を退職をする場合、どのような手続きを取ればいいでしょうか。

出来れば円満に退職し、しっかり治療してから新しい仕事を見つけたいですね。

1,直属の上司や人事に相談する

まずは上司や人事に退職の意思を伝え、相談することです。

社内の親しい人間に相談したい気持ちもあると思いますが、上司や人事に直接話す前に伝わってしまうと、トラブルに繋がりかねません。

自分の状態や希望を伝え、配置換えや休職よりも退職を考えている旨を伝えましょう。

しかしうつ病になってしまうような職場であれば、ブラック企業の可能性もあります。

その場合、うつ病であることを理由に退職の意思を伝えても認めてもらえず、「ダメな奴」というレッテルを貼られ、さらに居心地の悪い状態になってしまう可能性もあるでしょう。

上司に相談しようにも、上司の存在がストレスの原因になっているのであれば、退職の意思を伝えるのは困難です。

そのような場合は、第三者の協力を求める必要があります。

2,家族や医師など第三者から退職の意思を伝えてもらう

本人が会社に退職の意思を伝えづらい状態であれば、家族や主治医から伝えてもらうという方法もあります。

本人ではない第三者からの話であれば、会社側も感情的にならず、冷静に聞き入れてくれる場合があるのです。

社外の信頼できる相手に協力を求めることも、うつ病で退職するときには必要な選択肢となります。

3,退職代行サービスを利用する

「会社に直接話すのが困難であり、協力してもらえる第三者が身近に居ない。」

そのようなときは、退職代行サービスの利用を検討してみましょう。

退職代行サービスでは、本人に代わって職場に退職の意思を伝え、即日退職が可能な場合もあります。

また代行会社によっては、カウンセリングサービスや、残業代の請求など行っています。

うつ病で苦しむ人には、ありがたいサービスです。

利用にあたっての相談は無料で受け付けているところも多いので、自分の希望に合う退職代行があれば、相談だけでもしてみましょう。

※あわせて読みたい

退職代行サービスおすすめ10選!口コミ評判・体験談や料金・サービス内容を徹底比較!

うつ病でも退職代行を利用すれば即日退職が可能な理由

会社の規定などで「退職時は1か月前までに伝える」といった、決まりがよくあります。

しかし、法律上は退職の意思を伝えた14日後に退職できます。

後任人事や業務の引継ぎなどを考えると、1か月以上の猶予が必要ですが、うつ病となり出社することさえ困難である場合は素早く退職したいもの。

そんな時は退職代行サービスの利用がおすすめです。

うつ病であるなら即日退職も可能

病気やけがなどを理由とする退職であれば、職場と本人の同意のもと即日退職可能です。

うつ病の診断が出ている場合はこれに当てはまります。

この場合、診断書が必要となりますので、かかりつけの心療内科などにお願いして用意しておきましょう。

有休が残っていれば退職日まで出社しなくて済む

消化できていない有給休暇がある場合は、退職日まで有休を取ることも可能です。

有休は労働者の権利であり、自由に使えるもの。

退職の意思を伝えたら、退職日となる14日後まで仕事を休むという手もあります。

退職の意思・希望を伝えるのが困難な場合は退職代行を使う

「うつ病を理由に退職、または退職日まで有休を使う。」

このいずれかの方法であれば、退職意思を伝えたその日から会社に行かなくて済むようになります。

しかしうつ病を病気として認めてくれない、有給も使わせてくれないようなブラック企業も存在します。

またうつ病の症状により、会社の人と話すことに恐怖を覚えるようであれば、無理せず第三者に依頼するといいでしょう。

そのような場合は、退職代行への依頼がおすすめです。

利用する代行会社に、即日退職したい旨を伝えましょう。

※あわせて読みたい

退職代行の失敗しない業者選びのポイント!

うつ病で即日退職するための流れ

うつ病で即日退職を望む場合、何が必要でしょうか。

1,雇用契約内容を確認する

うつ病の診断が出ていれば、病気を理由に即日退職も可能です。

しかし後からトラブルにならないよう、契約内容に注意すべき点がないか、確認しておきましょう。

雇用契約内容を確認したうえで、退職が必要だと判断した旨を伝えることで、会社側の理解も得やすくなります。

2,診断書を用意する

うつ病を理由に退職する場合、診断書の提出を求められることもあります。

かかりつけの医師に相談し、あらかじめ診断書を用意しておくと、スムーズに退職を進められるでしょう。

3,引き継ぎ書を用意する

「引き継ぎが必要だから…」と、引き止められてしまう場合に備えて、あらかじめ引き継ぎ書を用意しておきましょう。

また引き継ぎ書を用意すれば、「退職したことで会社に損害を与えた」などと訴えられる可能性を回避できます。

4,14日後以降に退職日を決めて退職届を用意する

雇用契約の確認や引き継ぎ書の用意ができたら、退職届を書きましょう。

退職届は郵送での提出もできます。

有給休暇が残っているのであれば、退職届を郵送し退職日までは有給消化も可能です。

うつ病で退職した後に申請すること

退職した会社で雇用保険に加入していれば、勤務年数に応じて「失業給付金」が受け取れます。

しかしこれは就業できる状態にある人が失業しており、仕事探しをする間の生活を支えるもの。

うつ病で退職した人は、まず求職活動よりも病気を治すことが先決です。

うつ病などの病気やケガが原因で、働けない人には社会保険制度による「傷病給付金」が存在します。

うつ病で退職した場合は「傷病給付金」の申請をしましょう。

また、退職代行と同様に、傷病給付金の申請をサポート・代行してくれるサービスもあります。

傷病給付金の申請はいくつか条件があり、退職前・退職後それぞれにするべきことがあります。

そのため個人で手続きを行うと、給付額が少なくなってしまったり、給付が止まってしまうこともあるのです。

「退職コンシェルジュ」では、社労士や顧問弁護士と協力し、傷病給付金を確実に受け取れるようサポートしています。

傷病給付金を申請する場合は、退職コンシェルジュの利用がおすすめです。

まとめ

仕事内容や職場の環境が合わず、ストレスを抱えているとうつ病になってしまう場合があります。

気分が落ち込んだ状態が続くなど、不調を感じた時は安易に自己判断せず、信頼できる人に相談したり、専門医を受診しましょう。

そして「うつ病」になってしまった場合、退職も選択肢となります。

退職にあたり必要な事柄を確認し、円満退職を目指しましょう。

ただし自力で退職の意思を伝えることが困難な状態である場合は、退職代行の利用も有効です。

また「うつ病」が原因で退職した場合は「失業給付金」だけでなく「傷病給付金」も受け取れます。

ただし「傷病給付金」の申請は手続きが難しいため、個人で行うと受取額が少なくなることもあります。

治療に専念できるよう、確実に給付金を受け取るには「退職コンシェルジュ」が提供する社会保険給付金サポートの利用がおすすめです。

退職コンシェルジュでは退職前からしっかりとサポート!

退職コンシェルジュでは退職前からしっかりとサポート!

給付金を確実に受給でき、退職後の金銭的な不安をなくして、新しい仕事探しに専念できるようにしてくれます。

退職を検討しているけれど、退職後の生活費など不安がある人は是非、退職コンシェルジュに相談しましょう。 

問い合わせから通話相談までは無料で利用できます。

\まずは退職コンシェルジュに無料相談!/

※おすすめ記事

退職代行サービスおすすめ10選!口コミ評判・体験談や料金・サービス内容を徹底比較!

【最大28ヶ月】退職コンシェルジュの失業保険給付金サポートの口コミ・料金を紹介!